五色町商工会 淡路五商のホームページ

五色町について

【五色町の概要】
淡路島の西海岸にある五色町は、国立公園五色浜など
美しい自然に恵まれた農漁村です。
断食療法の健康道場などを備えた総合福祉医療施設
「五色県民健康村」や高齢者の在宅療養支援に双方向の
CATVを活用するなど健康と福祉の町として全
国的に有名です。又、幕末の豪商“高田屋嘉兵衛”
作詞家の阿久悠がこの町の出身。95年に高田屋嘉
兵衛公園が開園し淡路島の新たな観光スポットとし
て、多くの観光客で賑わっております。

【まちづくりの基本概念】
まちづくりのテーマである、21世紀に翔く
「定住と交流のまち五色」の実現を目指し
「住民参加のふれあう対話行政の推進」
を基調として、次の重要施策を展開していきます
◇震災からの創造的復興
◇自然と調和し未来を拓く社会基盤づくり
◇共に生きる新たなる健康福祉の町づくり
◇ゆとりとやすらぎが感じられる快適環境づくり
◇女性の進出と文化の薫る心豊かな人づくり
◇新時代に対応した活力ある地域産業づくり

【高田屋嘉兵衛翁】
郷土の偉人高田屋嘉兵衛翁の持船北前線”辰悦丸”
にちなんだユニークな 街路灯が街並を照らし、川
沿いには 江戸情緒あふれるモニュメント 「都志川
浪漫塔」が街の歴史を感じさせます。
これらの事業も 五色町商工会が平成5年より取り組
んで きました。県事業”魅力ある街づくり事業”の
成果であります。村おこし産品の 開発にも力を注ぎ、
梅と苺の五色ワイン、 ワインゼリー、五色海苔を原
料とした 海苔製品、淡路西浦のたこを素材にした ”
たこづくり料理”も好評であります。 高田屋嘉兵衛
と出会える街”五色町”を一度散策してみませんか。

【淡路島・五色町へのアクセス】
明石大橋を渡り(四国からは鳴門大橋)近いインタ
ーチェンジは、「北淡」「津名一宮」「洲本」
「西淡・三原」となっております。
インターチェンジを降りてからは
車での所要時間は20分もあれば五色町です
五色町へ三宮から直通バスが出ています【ハイウエイ高速バスのお問い合せ】

■本四海峡バス(株) 078-393-0100
■西日本JRバス(株) 06-6302-8681
■阪急バス(株)   06-6866-3147
■淡路交通(株)   0799-22-3121
■神姫バス(株)   0792-23-1343
■山陽電鉄鉄道(株) 078-782-6068

Return Top